医療脱毛でぶつぶつができた!?

脱毛でぶつぶつができる正体とは?

 

 

脱毛の自己処理をした際、ブツブツが出来てしまう事があります。
せっかくムダ毛を処理して綺麗にしたのに、毛穴がブツブツ汚い感じであれば台無しです。
お肌の露出も出来なくなってしまいますし、胸張って薄着も出来なくなってしまいます。

 

自己処理の脱毛後にブツブツが出来てしまう理由は、毛穴にダメージが起きてしまっている証拠です。
カミソリや毛抜きにより毛穴にダメージが発生してしまい、毛穴が炎症を起こしてしまいブツブツとなってしまいます。
頻繁に同じ処理を繰り返していると、お肌へのダメージがどんどん重なってしまいます。
皮膚を守ろうと頑張ってしまい堅くなってしまい、メラニン色素の分泌により黒くブツブツした状態となってしまいます。

 

カミソリ、毛抜き、電気シェーバー、これらは毛穴への負担が想像以上に大きく、ブツブツ毛穴を作ってしまいます。
ブツブツ毛穴を作りたくないのであれば、これらのケアは絶対にオススメできません。

 

 

ぶつぶつを早くケアする方法

 

 

脱毛自己処理の際にブツブツを作らない為には、間違った自己処理を行わない事が大事となります。
どのような自己処理が行けないのか、ポイントをご紹介致します。

 

・ボディソープ等の石けん類を使って脱毛しない
カミソリの自己処理の際、ボディソープ等の石けん類を使ってシェービングされる方が大変多くいらっしゃいます。
石けん類はお肌の摩擦を守る役目は担ってないので、かみそりで剃る際にお肌に負担を掛けてしまいます。
シェービング専用の、シェービングフォームを使うことをオススメします。

 

・古いカミソリは使わない
カミソリ処理の場合、古いカミソリを強引に使ってしまう方もいらっしゃいますが、古いカミソリはお肌への負担となってしまうので、ブツブツが簡単に出来上ってしまいます。
古いカミソリは使わず、2週間に一度は新しい物に取り替えるようにしましょう。

 

・入浴時にムダ毛の処理を行わない
自己処理でムダ毛処理をされている方は、入浴中に行う方が大半です。
しかし、入浴時は1番ムダ毛処理に不向きなタイミングとなってしまいます。
その理由は、入浴時は肌がふやけておりますので、簡単にお肌が傷ついてしまうからです。
そのような状態でカミソリ処理をしてしまったら、たちまちブツブツ毛穴になってしまいます。

 

このように、一般的に自己処理をしている方法の中には、お肌に負担を掛けている方日宇がいっぱい潜んでおります。
これでは、毛穴のブツブツが治る事はありません。

 

 

レジーナクリニックはぶつぶつの少ない脱毛です

 

 

ブツブツ毛穴を作らない為には、お肌に優しく脱毛を行う事です。

 

レジーナクリニックでは、お肌に極力負担を掛けない脱毛方法を採用しております。
お肌に負担を掛けない施術ですので、自ずと毛穴に負担を掛けない施術となります。
その為、レジーナクリニックの脱毛施術では、ブツブツ毛穴を発生する事はありません。
キレイな毛穴のまま、確実な脱毛施術へと導く事が出来ます。

 

また、レジーナクリニックのジェントルレーズプロのレーザーは、美容外科でも使っているレーザーです。
その為、ジェントルレーズプロで脱毛施術を行うと、ジェントルレーズプロの美容効果も受ける事が可能となります。
ブツブツ毛穴どころかどんどん美肌となっていきますので、脱毛したと思えないような綺麗なお肌になる事が可能となります。
ツルッツルの綺麗な肌になる脱毛は、レジーナクリニックでしか手に入れる事が出来ませんよ。
気になる方は、無料カウンセリングを受けてみませんか。