脱毛前に飲酒をしてもいいのか?

飲酒が脱毛に与える影響はあるか?

 

 

脱毛と飲酒は、相性が良くない事ご存じでしたか。
カウンセリングや契約の際にスタッフさんから説明がありますが、脱毛施術の日は飲酒を行ってはいけません。
少しなら大丈夫でしょ、と思われる方、そのような考え方ですと大失敗をしてしまいますよ。

 

 

できれば飲酒をやめて欲しい理由

 

 

お酒を飲むと、顔が赤くなったりドキドキしたり、興奮状態になってしまいます。
アルコールにより体温上昇が原因で血行が良くなるのですが、この血行の良さが脱毛施術に影響を与えてしまいます。
血行が良くなり体温が極端に上がった体にレーザー照射を受けてしまうと、脱毛によって刺激に弱くなってしまったお肌に影響を与えてしまい、かゆみやボツボツが発生してしまう事があります。
また、レーザー照射を受けた後に飲酒しても、同じ症状が起きてしまいます。
脱毛で弱っているお肌に、アルコールで更なる追い打ちをかけてしまうのです。
ほんの少しかゆい、もしくはボツボツが出来るくらいなら良いですが、ひどくかゆみが出たりボツボツが全身に出来てしまうと、最悪な状態となってしまいます。

 

お酒に関しては、このように捉えておくと良いでしょう。

 

・脱毛施術の前の日 飲酒OKだが、出来れば翌日の夜の施術がオススメ
・脱毛施術の当日脱毛前 飲酒NG
・脱毛施術の当日脱毛後 飲酒NG
・脱毛施術の次の日 飲酒OKだが、前日夜の施術の場合はNG(施術後12時間後OK)

 

この様な、内容となります。
アルコールと脱毛との関係性は、個人差があります。
丈夫な方でしたらこの定義でOKですが、お肌が弱い方はこの定義でも負担がかかってしまう場合がありますので、注意が必要となります。
脱毛施術に通うのは、1〜2か月に一回となります。
そんなたまの1日や2日くらいは、お酒を我慢する事がオススメとなります。

 

また、これらもかゆみやボツボツが出来てしまう可能性がありますので、注意しましょう。

 

・入浴
施術前の日〜翌日までは、入浴は避けるようにしましょう。
湯船につかる事で体が温まってしまい、温まりすぎると刺激となってしまいますので良くありません。
また、湯船につかったあとのお肌は乾燥しがちですので、かゆみが出てしまう事があります。

 

・日焼け
日焼けもお肌の温度が上昇してしまいますので、オススメ出来ません。
もし直射日光に当たってしまう場合は、長袖等を来て難を逃れるようにしましょう。

 

・マッサージ
マッサージも体温上昇としてしまいますので、オススメ出来ません。

 

このように、体温上昇する事は全て行ってはいけません。

 

 

レジーナクリニックは通いやすいから飲酒しない日に予約を!

 

 

レジーナクリニックに通われる場合は、飲酒しないで来るようにしましょう。
事前に予約をしますので、その日は絶対に飲酒をしないよう心がけるようにしましょう。
1〜2か月の中の1日2日の話ですので、我慢できるようにしなければいけません。
出きる頃なら、脱毛前日〜脱毛翌日までは控えるようにしましょう。
どうしても飲み会とぶつかってしまう場合は、事前に予約日を変えるようにしましょう。
アルコールの負担は想像以上に大きいので、甘く見て考えてしまっては絶対にいけません。

 

ほんのちょっと一杯飲んだ事で、顔や体に炎症が...なんてことは少なくありません。
この様な被害が起きてしまった場合、クリニックの責任ではなく自己責任となってしまいますので、注意が必要となります。
くれぐれも注意し、快適な医療レーザー脱毛とするようにしましょう。